Pure Happy 代表 日蔭 乃婦

Pure Happy 代表 日蔭 乃婦■資格
マリッジカウンセラー

■経歴
1976年3月マリールイズ美容専門学校卒業1976年~美容師・美容家として活動1987年4月美容専門学校教員1993年4月結婚相談所 MDS 設立1996年4月有限会社 ペトル 設立
(結婚相談所名 Pure Marry)
2016年10月結婚相談所 Pure Happy 設立

■所属
結婚相談所 Pure Happy 代表

ごあいさつごあいさつはじめまして。日蔭 乃婦と申します。
私は今から約17年前、札幌で「結婚相談所」を始め、約15年間で500組以上のカップルをご成婚に導いてきた経験がございます。その経験を基にこの度、東京、銀座(有楽町駅前)で「結婚相談所 Pure Happy」を開設させていただきました。

札幌時代も、20代~30代の会員様がほとんどで、皆さま若くて可愛らしい方がとても多く在籍してくださっておりました。ピーク時には札幌の会員様だけで4,000名くらいの男女の方々が活動されていたように思います。

結婚相談所を立ち上げようと思ったきっかけ結婚相談所を立ち上げようと思ったきっかけ美容学校の教員をしていた時代に同僚の教員(当時彼女は28歳で、彼にフラれて超ショック状態でその上先輩教員との考え方が合わず、でも寿退社で仕事を辞めたがっていた)に、ある男性を紹介したら「結婚した」ことが始まりです。

あまりに感謝され「紹介するっていいもんだなあ~」が「結婚相談所やってみたーい」に代わって「よーし、やってみよう!!」になって、思い切って美容学校の教員を辞め一大決心で始めました。

初めは、郊外のマンションの1室を借りて始めました。拠点を持ったはいいけど、何もかもが初めてでしたので、広告の出し方もよくわからないまま、チラシを作って、手作業で企業に配りに行ったり、色々な雑誌の広告に掲載してみたり、いろんな方法を使って広告活動をしてみましたが、反応はホントにボチボチで1歩進んで2歩下がるような状態でした。

今のようにインターネットが普及している時代ではなかったので、鳴かず飛ばずの時代が約3年間も続き赤字は膨らむばかり、いつつぶれてもおかしくない状態でした。( ;∀;)

それに札幌時代の「結婚相談所 Pure Marry」は現在のように、どこかの大手結婚相談所に加盟していたわけではなく、独自でイチから立ち上げましたので会員様も全くの「0」の状態からの出発でしたので、せっかくご入会してくださった「会員様のお見合いを組む」こと自体も、もーホントに大変でした。(;_;)/~~~


結婚相談所 Pure Marryの快進撃そんな鳴かず飛ばず状態のある日、「Pure Marry」が爆発的にヒットすることになるあることが起こりました。そのあることとは・・・

結婚相談所 Pure Marryの快進撃札幌で初めて、あのリクルートのフリーペーパー「360」(サンロクマル・現在のホットペッパー)が市内30万世帯に配られたのです。

東京で30万世帯と言ってもあまりピンと来ないと思いますが、札幌で確実に30万世帯に配布させる媒体ということは、ほぼほぼ、市内のほとんどの家庭に配布されるということなのでそれはそれはとんでもないことなのです。

「チャーンス!!」と思いましたね。

いやぁ、衝撃でした。紙面は見たこともないほど大きなタブロイド判。しかも広告だけでできていて、市内の目ぼしいレストラン、飲食のチェーン店、美容室、エステ、ホテル、ありとあらゆるものの情報を網羅していて・・・。それになんといっても驚いたのが、市内のご家庭1件1件に30万部も配布され、しかもお得なクーポンが全てに付いているので、次の「サンロクマル」が出るまでは丸々1か月間、家の中に滞在する新時代の広告媒体でした。

しかも同じ頃インターネットも徐々にその圧倒的な存在感を示し出してきていた頃でしたので、「サンロクマル」とH/Pのコラボで広告を打ったら、そりゃ~「効果絶大でしょ~」(^^♪

ということで、翌月迷わず「半ページ」を使って「サンロクマル」に清水の舞台から飛び降りる気持ちで広告を打ちました。(ここだけの話、広告代も借金をして出しちゃいました。当時半ページでも月/60万円でしたので( ;∀;)

そうしたら来るわ来るわ(o|o) 電話がジャンジャン鳴って目が回るほどの大忙し(*'▽')になっちゃいました。

たった1回の広告で「Pure Marry」は瀕死の状態から不死鳥のごとく復活しました。来月には会社をたたまなくてはいけないくら追い込まれていたPure Marryが、たった1回の広告で蘇ったのです。そしてその広告手法でその後の12年間、Pure Marryは苦労することなく集客ができるようになりました。


結婚に導くプロとして結婚に導くプロとしてスタート時点で、どえらい苦労をした私でしたので、ボチボチしかお客様が来てくれない時代も「お客様の立場で、お客様に寄り添ったサービスをする」ことだけは徹底的に心がけました。
今の言葉でいうなら「お客様ファースト」でしょうか。(^^♪

また、美容家であった私のコンセプトとして
「女性は女性らしく最大限に美しく」
「男性は男性らしく誰よりもカッコよく」

というのが根底にありますのでそこには徹底的にこだわり、
「6秒で瞬殺、1分で愛される」
という、まずは見た目にこだわった個人個人の徹底的なコンサルティングをさせていただきました。

結果、約15年間で500組以上のカップルをご成婚に導くことができたのだと思います。

ご成婚者からのお便りはコチラ♬

いまでこそ「人は見た目が90%」という本すら出ていますが、私自身は10代のときからそこは充分理解していましたので、結婚相談所を始めたときから徹底してこだわってきました。札幌時代の私は結婚に導くプロとして十分に結果は出せたと思っています。


東京進出のベストタイミング東京進出のベストタイミング今回、改めて「東京に進出しよう」と思ったきっかけは、元々、私は東京四谷3丁目の美容専門学校を出ており、若いときの6年間を東京で修行しておりました。そんな訳で私は東京が大好きなのです。「いつかは東京」とずっと考えておりましたが、結婚したり、子供を育てたり、事業を起こしたり、離婚したりとなかなかハードな人生を送っているうちに、「今」になってしまいました。

17年前、札幌で結婚相談所を始めたころの私は本当になにもわからないアマチュアアドバイザーでした。でも、あれから本当に色々なことを経験し、日々の積み重ねが私をプロのアドバイザーに育ててくれました。「東京で結婚相談所を開設する」というのは、私の長年の夢でしたので、色々な経験、そして十分に勉強をさせていただいた「」。

今が私の「東京進出のベストタイミング」なのだと思っています。

この度「IBJ 日本結婚相談所連盟」「NNR日本仲人連盟」様とご縁があり加盟させていただき、銀座(有楽町)に立ち上げた「Pure Happy」も、私が結婚相談所をスタートしたときからやってきたことと考え方は何ひとつ変わりません。

「お客様の立場で、お客様に寄り添ったサービスをする」

「女性は女性らしく最大限に美しく」
「男性は男性らしく誰よりもカッコよく」


「6秒で瞬殺、1分で愛される」

というコンセプトは一切何も変わっておりません。

現在も、会員の皆様には「1年以内には結婚」という目標を持っていただき、その目標を達成できるよう、徹底的に外面から内面までプロのアドバイスを行い、会員様と一緒に二人三脚で目標達成に突き進んでいます。

さあ、あなたもあなたの1年後の姿を想像してみてください
人は誰でも願えば叶うのです。(だって、それに向かって行動を始めるから)

来年の今頃、あなたは、きっと素敵で優しい彼と二人で結婚式場を探していることでしょう。どんなウエディングドレスを選ぶのでしょうね?お友達は誰を呼んで、発起人を誰にお願いするのでしょう?きっとご両親は涙を流して「花束」を受け取っていますよ(^_-)-☆

そうなるために、あなたと、日蔭 乃婦と当スタッフの神田 桃子と3人で一緒に、あなたの素晴らしい未来をガッチリ掴みに出かけましょう。(*^-^*)

ご成婚者からのお便りはコチラ♬

ご来社を心よりお待ちいたしております。(*^-^*)

  • 無料相談予約