個人情報保護方針

MCSA 経済産業大臣認定個人情報保護団体 結婚相談業サポート協会 会員Pure Happy(以下「当社」)は、以下のとおり個人情報保護方針を定め、個人情報保護の仕組みを構築し、全従業員に個人情報保護の重要性の認識と取組みを徹底させることにより、個人情報の保護を推進致します。

■個人情報の管理
当社は、お客さまの個人情報を正確かつ最新の状態に保ち、個人情報への不正アクセス・紛失・破損・改ざん・漏洩などを防止するため、セキュリティシステムの維持・管理体制の整備・社員教育の徹底等の必要な措置を講じ、安全対策を実施し個人情報の厳重な管理を行います。

■個人情報の利用目的
お客さまからお預かりした個人情報は、当社からのご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料のご送付に利用いたします。

■個人情報の第三者への開示・提供の禁止
当社は、お客さまよりお預かりした個人情報を適切に管理し、次のいずれかに該当する場合を除き、個人情報を第三者に開示いたしません。

  • お客さまの同意がある場合
  • お客さまが希望されるサービスを行うために当社が業務を委託する業者に対して開示する場合
  • 法令に基づき開示することが必要である場合

■個人情報の安全対策
当社は、個人情報の正確性及び安全性確保のために、セキュリティに万全の対策を講じています。

■ご本人の照会
お客さまがご本人の個人情報の照会・修正・削除などをご希望される場合には、ご本人であることを確認の上、対応させていただきます。

■法令、規範の遵守と見直し
当社は、保有する個人情報に関して適用される日本の法令、その他規範を遵守するとともに、本ポリシーの内容を適宜見直し、その改善に努めます。


個人情報保護の取り組み個人情報保護法遵守のサポートを行っています個人情報保護法遵守近年、「個人情報の保護」は益々重要性が増しており、結婚相談所でも、会員の結婚へのお気持ちと大切な個人情報を扱うことから細心の注意を払う必要があります。

日本結婚相談所連盟では、会員の個人情報を大切に扱うために、また加盟結婚相談所の各社にもより個人情報保護の意識を高めていただくために、2009年4月から経済産業大臣より「認定個人情報保護団体」として認定を受け、当該団体として個人情報保護指針の作成、各種セミナーを通じた対象事業者(加盟相談所)による個人情報保護法遵守のサポートを行っています。

お客様からの苦情の受付と対処なども連盟として対応窓口を設け、業界の健全な成長に貢献するとともに、消費者(会員)の皆さんが安心して活動できる環境作りに貢献しています。そうすることで、業界全体の信頼感や安心感が増すように努力を続けています。

引き続きこうした「個人情報保護団体」としての役割をまっとうするために、個人情報保護指針の作成、各種セミナーを通じた対象事業者(加盟相談所)による個人情報保護法遵守のサポート、お客様からの苦情の受付と対応などにより、業界の健全な成長に貢献するとともに、消費者(会員)の皆様が安心して婚活できる環境作りに貢献しています。

認定制度の効用

認定制度の効用結婚相談所の仲人カウンセラーが、お客様(会員)に対して自らの言葉で「個人情報を大切に扱い、厳重に保護しています」と説明しても、説得力に欠ける場合もあるかと思います。

また、入会してお見合い活動するに際して、自分の個人情報や家族の情報を提出することに不安を抱くお客様も少なからず存在します。こうしたお客様に対しても、「認定個人情報保護団体に所属する結婚相談所である」という信頼を得ることができます。

他方で、時には、結婚相談所のみなさんとお客様(会員)との間で、個人情報の取り扱いに関するトラブルが起こるかもしれません。そのような局面においても、私たち日本結婚相談所連盟が「第三者」として関与する(苦情受付の窓口になるといったサポートやアドバイスを行う)ことが可能ですので、迅速かつ円滑なトラブルの解決を図ると共に、加盟相談所のみなさんの負担をなくすことができます。

お客様にとって安心できる相談所であることをモットーにお客様にとって安心できる相談所万が一、結婚相談所に預けた個人情報の取り扱いに関して、その結婚相談所との間でトラブル(苦情)が発生した場合で、両者の話し合いだけでは解決に至らない際には、私たち日本結婚相談所連盟が第三者として関与することで解決への道筋や方向性を見出すなど、迅速かつ円滑なトラブルの解決が図られることが期待されます。

また、「認定個人情報団体に所属する結婚相談所である」という安心を感じながら、ご自身のお見合い活動に専念していただくことができると思われます。

  • 無料相談予約